岩井志麻子×ろくでなし子

第2回 ろくでなし子さんには、まんこの神が付いてる

ろくでなし子『私の体がワイセツ?!―女のそこだけなぜタブー』刊行記念(全2回)

第2回 ろくでなし子さんには、まんこの神が付いてる

2014年の7月と12月。女性器をアート作品にしただけでなぜか二度も逮捕されたろくでなし子さんが初のエッセイを書き下ろした。『私の体がワイセツ?!──女のそこだけなぜタブー』刊行(5月22日発売)を記念して作家の岩井志麻子さんとろくでなし子さんに対談していただいた。
2014年7月のろくでなし子さんの逮捕の数日前に、お二人はスポーツ新聞で対談している。その時の対談の場でろくでなし子さんは岩井志麻子さんの「まんこの型取り」をお願いし、志麻子先生は快諾、対談後に二人になり型取りをしたという。そのまん拓はその後……。
 

 
撮影:高橋裕大 

まんこの神が書かせた

岩井志麻子(以下、志麻子) そういえば花輪和一さんは、ある意味で先輩ですよね。

ろくでなし子(以下、なし子) 『刑務所の中』(青林工藝舎、2000年)ですね。

志麻子 あの方の漫画も、めちゃくちゃ面白いですよね。よくぞこういう人が捕まってくれたなと、感動するぐらいで。花輪さんやろくでなし子さんみたいに自分の体験を面白がって漫画に描いて、物語にできる人が捕まってくれたおかげで、私たちはおもろい作品を読める。ホリエモンもそうですけど。作者には申し訳ないけど、よくぞ捕まってくれたなと思って。

なし子 いやいや、花輪先生に比べたら私なんて屁でもないんですけど。

志麻子 花輪先生はあの漫画で、めちゃくちゃ詳細に刑務所生活を描写している。もちろん刑務所内でメモなんか取れないから、全部記憶だけで描いていて。食事のことなんて、ものすごく克明に描いてありますよね。

なし子 すごく楽しまれてますよね。

志麻子 花輪先生の本で、印象に残っているところはたくさんあります。たとえば、次のようなことが書いてあって。もし自分が「ここから死ぬまで出られないよ」と言われたらどうするだろう。1日2日わんわん泣いたら、案外慣れてしまうかもしれないと。

なし子 刑務所の雑居房で同居者と不正連絡(同居者同士でこっそり連絡を取り合うこと)したのがばれて、懲罰房に移される。そこは畳2〜3畳の小さな1人部屋で、1日中袋張りの仕事をやらされる。でも、その作業がめっちゃ自分に合っていたと(笑)。

志麻子 今日は絶対に100つくるぞ、みたいな(笑)。すごい頑張っちゃうんですよね。その気持ち、すごく分かります。ああいうことをちゃんと漫画で描ける人が入ったということですよね。
 心霊やオカルトにしても、体験する人によってはすごく面白い物語になる。逆に語れない人だと、どんなにすごい心霊体験でも「えっとね、俺びっくりして。外に出たら幽霊が立ってて」で終わってしまう。とにかく、面白い物語にできる人が体験するということが重要で。

なし子 あそこでは警察が私の記憶力・文章力をトレーニングしてくれたので。あそこにいると、ものすごく少ない時間でしか書けないんですよ。だから暇な時間に構成を考えるわけですよ。これを書こう、あれを書こうと。ああいう状況に置かれると、人間って何でもできるんだなと思いました。やる時はやるんだなと。

志麻子 ろくでなし子さんには、まんこの神が付いてるんですよ(笑)。あれはまんこの神が書かせた。

ちんまんはアジアの言葉では?

志麻子 しかしね、やっぱりまんこを舐めない男は最低だと私は思ってます。杉本彩先生も「クンニしない男は最低」って言ってますからね。うちの息子は今大学4年なんですけど、「俺、フェラしてもらうのは好きなんだけど、クンニって苦手なんだよな。だって臭いもん」とか言いやがって。「ふざけんな、お前ここ座れ!」って言ってそこに正座させたんですけど。それで「お前な、お母ちゃんの顔に泥を塗る気か。岩井志麻子の息子がクンニしないなんて噂になったら、お母ちゃんがこれまで築いてきたものが全部台無しになるわけよ。え? お前、どんなに臭くてもクンニしろ! そうじゃなきゃうちの子じゃねえ! そうじゃないと家に入れん!」って(笑)。そしたら「はいっ、絶対します!」って言ってましたけど(笑)。だからうちの息子の嫁に来てくれたら、いいですよ。岩井志麻子が姑って厳しすぎる人生と思うかもしれませんけど、そんなことはないです。少なくとも、息子にクンニは絶対させますから(笑)。

なし子 素晴らしい!

志麻子 あと男の場合、チンポのことを息子って言いますよね。でも女はまんこのことを「うちの娘が」とは言わない。不思議なのは、韓国の男もやっぱりチンポのことを息子って言うことで。ちなみに中国では弟って言うんですよ。小鶏鶏(シャオ・ジー・ジー)っていうんですけど、シャオ・ジー・ジーっていうのは末っ子という意味でもあって。

なし子 より分身的な感じですかね。

志麻子 息子と弟だったら、どちらのほうが血縁として濃いのかなと。それにしても、息子と弟の違いは何だろう。
 韓国では、女のあそこのことをポジって言うんですよ。だからポジティブなんて言うと「ひゃーっ!」とか言われて(笑)。だから韓国では、わざと大声で言いますけどね。韓国ではちんこのことをチャージって言うんですよ。だから日本人がチャージとかジャージとか言うと、韓国人はそわそわしだして。

なし子 ポジとチャージですね。可愛い。アフリカで「まんこ」っていうのは結束という意味らしくて。だから「まんこまんこ」って連呼する歌があるんですよ(Manko(Unity))。あと、ジャズとかでもあるんですよ。すごくグルーヴィーで面白くて。今度、裁判を傍聴できなかった人が待機する部屋で流そうかなと思ってて(笑)。

志麻子 ちなみに韓国では、希望のことをソマンって言うんですよ(笑)。「志麻子は僕のソマンだから」って言われて、思わず「喧嘩売ってるのか!」って言ったんですけど(笑)。
 思い出したんだけど、西原理恵子と高須先生と私と中瀬ゆかりで、美容整形のテレビ番組の取材で韓国に行って。その時、占い師のところに行ったら占い師がいきなり私に「くされまんこ」って言って。わたしは思わず「はい?」って言ったんですけど、韓国語では「その人はその」って言う時に「ク サラムン ク」って言うらしくて(笑)。『西遊記』で、本名を呼ばれて返事をすると瓢箪に吸い込まれてしまいますよね。だから西原が「志麻子ちゃーん、あんた本名呼ばれて返事しちゃったね」って(笑)。「くされまんこ」って言われて「はい!」って返事しちゃったから。これも漫画になってますよ。

裁判に向けて

志麻子 初公判って、4月15日でしたっけ。

なし子 ええ。でも1審だけでも1年はかかるので。長引くと思います。4月15日の初公判では皆さんと顔を合わせて、軽く自己紹介する感じですね。向こうが「こいつはこんだけひどいことをしました」みたいに私の罪状を言ってきて、私はそれに対して自分の意見陳述をする。勾留理由開示のロングバージョンみたいな感じですかね。

志麻子 何回ぐらいやるんですか。

なし子 あとは5月11日に決まってるんですけど。この程度だったら、有罪でも罰金刑で済むんじゃないかと言われていますけど。現に検事から「略式起訴にしませんか?」って言われたんですよ。つまり、罰金払って終わらせるということですね。それだったら、なんで20何日も勾留するのかと思うんですけど。

志麻子 本当に精神的にタフですよね。私だったら、絶対に3日ももたない。たいがい皆さん、あなたの味方なんですから。これで死刑になることはないですから。この後、銀行に就職したいとか思ってないでしょ?

なし子 (笑)

志麻子 だったらいいじゃない。

なし子 警視庁には就職してみたいんですよ。婦人警官になってみたいなと。

志麻子 婦人警官ものって、AVにもありますよね。

なし子 「駐車違反!」ってやりたいですね。

志麻子 警察イメクラとかやったら楽しそうですね。「ここに武器を隠し持ってるんだな」とか言って(笑)。あと、これ聞いてみたかったんですけど、膣にものを入れてないかどうか調べられるって本当なの?

なし子 一応やられますね。ただ、形式的にしかやらなくて。刑務所に行く時は相当やられるみたいなんですけど、留置所の場合は形式的で、ちょっと開いてトントンってやるぐらいで。

志麻子 私、拳銃ぐらい隠せますよ(笑)。税関でも、膣の中に麻薬を隠し持っていたとかそういうことがありますよね。そんなに隠せるものかなと。タイの警察だと、携帯電話が入ってないかどうか調べるらしいですよ。

なし子 えーっ、そんなの入るの?

志麻子 金庫って呼ばれてる男たちがいて、そういう人たちは尻の穴をすごい拡張してるらしいんです。そこに携帯3台ぐらい入れてるって(笑)。中から連絡するために。

なし子 頑張ればフィストファックができるぐらいだから、やればできますよね。でもあんまりやると栓がないと生きていけなくなっちゃうんですよね。

志麻子 でもこれは本当に得難い体験ですよね。まんこの神があなたを選んだんですよ。
 私、まん拓を返してもらおうと思って一応知り合いの女弁護士に相談したんですよ。そうしたら「対処を考えます」って言ってくれたんですけどね。まあ、うちの息子はいざとなったら訴えることができますけど(笑)。

なし子 弁護士によると、警察は著名人がかかわっていると嫌がるらしくて。押収品目録にこれは何かということをいちいち書かされた時、志麻子先生のところは早くスルーさせようとしたんですよ。それは先生が『5時に夢中!』で主張された後だったので、「おい、待てよ」と思って。それで「これはホラー作家の岩井志麻子先生という著名人のまんこです」って書かせました。警察は、そう書かせようとしなかったので。だから、記録には残ってます。いいのか悪いのか分からないんですけど。

志麻子 私の志麻ん子ちゃんをスルーしようだなんて。

なし子 怖かったんですよ、著まん人が。

志麻子 とにかくあなたにはまんこの神がついてますよ。(2015.4.2)


撮影:高橋裕大

『私の体がワイセツ?!』→特設ページへ

2015年5月29日更新

  • はてなブックマーク

特集記事一覧

カテゴリー

岩井 志麻子(いわい しまこ)

岩井 志麻子

1964年、岡山県生まれ。『ぼっけえ、きょうてえ』(角川書店刊)で第6回 日本ホラー小説大賞、2000年には同作品で第13回 山本周五郎賞。第2回 婦人公論文芸賞を受賞した『チャイ・コイ』(中央公論新社刊)は2013年12月に川島なお美主演で映画公開。『5時に夢中! 』(東京MXテレビほか )木曜レギュラー出演。また、渋谷ユーロスペースにてトークイベント『韓流アフタヌーン〜岩井志麻子の秘密の昼下がり〜』を、5月8日(金)より3カ月連続で開催。詳細はhttp://eurolive.jp/

ろくでなし子(ろくでなしこ)

ろくでなし子

Rokudenashiko 漫画家。本名・五十嵐恵(Megumi Igarashi)。まんこ(女性器)をモチーフに作品を作るアーティスト。2013年秋、まんこを3Dスキャンし、そのデータでマンボートを制作、多摩川にて進水を果たす。その制作費用に利用したクラウドファンドで、出資者へのお礼に3DデータをダウンロードできるURLを送信したことなどが要因で、2度にわたり逮捕される。2014年10月東京デザイナーズウィークのTDWアートフェアにて前期準グランプリ受賞。2015年3月米国ニュースサイト「artnet news」にて“社会のタブーを打ち破る10人の女性アーティスト”に、同月、イギリス“LIBERTINE選アーティスト100人”に選ばれる。2015年4月、『ワイセツって何ですか?──『自称芸術家』と呼ばれた私』(金曜日)刊行。同年4月15日初公判。Official Website http://6d745.com/

関連書籍