『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』刊行記念対談

【後篇】うつくしい自分になるには?

『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』刊行記念対談

後篇です。服部みれいさんの『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』の刊行記念対談です(2018年4月10日、青山ブックセンター本店にて行われました)。女優の太田莉菜さんが、この本をきっかけにして、心のうちのインナーチャイルドの話を語り始めます。そして最後はお二人のこれからやりたいことの話です。

●聞き流し力も大事

服部 そうなんだ(笑)。だから、完璧主義で100点を目指さないとか、あとは、真(ま)に受けないことも必要ですよね。たとえばさっきの母乳の話も、「母乳は栄養がないんだってよ」と言われたときに、「へえ~~(バカな表情をして)」って、バカのフリをするとか(笑)。

太田 でも、バカになるって、プライドが邪魔をするんですよね。だけど、意外と、バカになることができると、すごい強いんですよね。

服部 確かに。それが、真に受けてしまうと、「えっ、栄養ないの?」。家帰って「母乳」「栄養」って検索してネットを見て真に受けちゃって、「ヤバ~い、栄養ないじゃ~ん。どうしよ~」みたいな。でも、「へえ~(バカな表情)」で終わればね、そこで断ち切れる(笑)。

 だから、聞き流し力というのはすごく大事だと思いますね。パートナーとか、親とか、近い人が何か言ってきても、「へえ~」「ふ~ん」って。

 さっきもね、会ったでしょう、福ちゃん(*みれいさんのパートナー)。福ちゃん、顔にうるさいんですよ。きょうね、ここに来る前、ジ~ッとわたしの顔を見ているの。「なに?」と言ったら、「出会ってから初めて、鼻毛見たかも」と言われたの(笑)。「みれいさん、これから太田莉菜さんと会うのに、ちょっと、右の鼻見せてください」とか言って、すごい見てくるから、「もう見ないでよ!」と言って。「みれいさんって、あまり鼻毛見たことないのに、きょうはビックリだな」とか言っているんですよ(笑)。でも、それって、あとで自分で確かめればいいことだから、「ふ~ん」って。「鼻毛ね。教えてくれてありがとう」って。でもそれを全部真に受けて、「うるさい!」とか言っていると、もう大変だから。

太田 大変ですよね。向こうに悪意がなくても、思い込みの部分を傷つけて……。

服部 思わず反応してしまうことの一番の根本は、インナーチャイルド。目の前の人に傷ついたり、怒ったりしているのは、本当は目の前のその人に怒っているんじゃなくて、実は、自分のもっと古いときの記憶を通してそれを見るというかね。わたしの何か鼻毛の思い出があるのかわからないですけど、だから、あとは、自分の体調が悪かったり、調子が悪いと、もうそれで、「これから大事なときに、そんな言わないで!」とか言って喧嘩になっちゃうのかもしれない。でも、体調が整っていて、自分も聞き流し力がついていて、傷が癒えていれば、大抵のことは聞き流せるかもしれません。「そっか~、出てるかもね~」って。それは、すごいタフというか、強いし、自分自身が本当に幸せだと思いますね。決してそうできることばかりじゃないですけども。

太田 わたしは全然できていないので。すぐ真に受けるし(笑)。ほんと、面倒くさいわと思いますけどね。

服部 自分ってネ。

2018年6月20日更新

  • はてなブックマーク

特集記事一覧

カテゴリー

服部 みれい(はっとり みれい)

服部 みれい

文筆家、詩人、『murmur magazine(マーマーマガジン)』、詩とインタビューの本『まぁまぁマガジン』『murmur magazine for men(マーマーマガジンフォーメン)』編集長。冷えとりグッズを扱う「マーマーなブックス アンド ソックス」(mmbs)(murmur-books-socks.com/)主宰。著書に、『あたらしい自分になる本 増補版 SELF CLEANING BOOK』『自由な自分になる本 増補版 SELF CLEANING BOOK2』(ちくま文庫)、『わたしの中の自然に目覚めて生きるのです』(筑摩書房=刊)、『わたしが輝くオージャスの秘密』(蓮村誠=監修、ちくま文庫)などがある。

服部みれいHP☞ hattorimirei.com/

太田 莉菜(おおた りな)

太田 莉菜

1988年生まれ千葉県出身。2001年にモデルデビューし、その後数々のファッション誌などで活躍。 04年には映画『69sixty-nine』(李相日監督)のヒロインでスクリーンデビュー。以降は女優としても、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍。 主な出演作に、映画では『ユモレス 逆さまの蝶』(06/猪俣ユキ監督)、『脳男』(13/瀧本智行監督)、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』(全7章&長編劇場版・14/押井守監督)、『ホットロード』(14/三木孝浩監督)、『海月姫』(15/川村泰祐監督)、『テラフォーマーズ』(16/三池崇史監督)、『君と100回目の恋』(17/月川翔監督)、テレビドラマでは『私という運命について』(14/WOWOW)、『ロング・グッドバイ』(14/NHK)、『ラブラブエイリアン』(16/CX)、舞台では『怪獣の教え』(16)など。

関連書籍

こちらあみ子

服部 みれい

うつくしい自分になる本 (単行本)

筑摩書房

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入