『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』刊行記念対談

【後篇】うつくしい自分になるには?

『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』刊行記念対談

後篇です。服部みれいさんの『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』の刊行記念対談です(2018年4月10日、青山ブックセンター本店にて行われました)。女優の太田莉菜さんが、この本をきっかけにして、心のうちのインナーチャイルドの話を語り始めます。そして最後はお二人のこれからやりたいことの話です。

●自分が変わること

太田 でも、わかりますよね。なんでこんなに面倒くさいんだろうと、すごく思いますけど。問題をややこしくしちゃうし。でも、それでも、良いこともあるし、やっぱり、一人じゃ生きられないというのも、日々生きながらまざまざと実感しているので、さっき言っていた、一人でもよいからわかってくれる人がいたりするといい。 

 あと、これはわたしの身の上話ですけど、大事な人には事後報告をしない。特に面倒くさいなというとき。わたしは超事後報告型で、自分が辛いときとか、何か面倒なことが起きているときに、これを他人に話しても、何もできないとか、迷惑がかかるとか、自分でこれを巻き起こしているから、自分で解決しなきゃとか思うと、すごく他人に言えない、相談できないんです。それで、連絡を取らなくて、後で会って「実は……」と言うと、「なんで、いつも後なの?」って。「それは自分が信用されていないんじゃないかと思う」と、すごく怒られたことがあって。

服部 (その人は)すごく心配していたんですね。

太田 すごく心配していたし、わたし自身も、たぶん漏れてはいたから、結局、人に心配されて(笑)。(会場を見ながら)たぶん、事後報告をやめるというのが当てはまる人が、頷いている(笑)。 結構、これは難しいことなんですよ。実感がある人からすると。でも、それを言ってくれた友達がいたお陰で、あまり話さないこともその子に言えるようになって、だいぶ、「なぜ、こんなに自分一人で抱えていたんだろう」と思ったり、どうでもよくなったりすることもいっぱい出てきて……。

服部 わたしは、太田さんが高校1年生のときにある撮影でお会いしたことがあって、きょうお会いして話すと、何というか、太田さんという人はお若いんですけど、すごく一日一日を生き切っているという印象です。

太田 いやあ、どうだろうな(笑)。結構グダグダですよ。

服部 人間だからグダグダのときはあるけれど、でも、ちゃんと突き詰めて自分自身と向き合って、考えてやっている方なんだなという印象を受けました。

太田 ありがとうございます。

服部 この本(『うつくしい自分になる本』)は、後半でほんとにマニアックになっていくんですね。人って、どうして生まれてくるんだろうって、面倒なことがほんとにいっぱいあって、なんで肉体を持って生まれてきたんだろうって。生きているのって長いなとか。「あとまだ40年ぐらい生きるわけ?」とか。

 丹波哲郎さんという俳優さんが昔いまして、その方が、心霊研究もなさっていた俳優さんなんですけど、このあいだその丹波さんがおつくりになった映画『大霊界』を見たんです。死ぬときにどんな感じになるかとか、死んだあとどうなるかとか……。

太田 説明するんですか?

服部 説明しているの(笑)。映画自体結構チープなんです。だけど、なかなかすごい内容で、向こうの人が呼びに来るの。これは、ある先生から聞いたのですが、死ぬ時って魂が頭からポンと抜けるのだとか。

太田 ああ、魂が。

服部 うん。その瞬間めっちゃ気持ちいいらしいんですよ。ポンッと抜ける。

太田 体験したことないから(笑)。

服部 わたしも(笑)。で、その『大霊界』というマニアックな映画では、曽我さんという人がバスの事故で死ぬんですね。そこから物語がはじまるんですけど、肉体としての自分が死ぬでしょう。そうしたら、全然死んだ気がしないわけ、事故で亡くなっているから。そして、「曽我さ~ん」と(向こうの人が)迎えに来るの。なんかね、魂のレベルが同じ人同士グループごとに集まって、天使みたいな人からレクチャーを受けて、どんなことを学んだか整理して、また次の段階に行くとか、けっこう、こと細かに霊界の話をしてる。いやあ、人って、何のためにこれをやっているんだろうと思うことって(人生の中で)がありますよね。

太田 もう、しょっちゅうですよ。

服部 ねえ、ほんとですよね。だけど、私自身は、こういう自然療法の世界とかで心身を整えたりすることで、だんだん自分自身がシンプルになって、本に書いたとおり、10年前よりいまのほうが全然幸せだし、自分の中がスッキリしている。例えばある程度は、冷えとりしたり、自分の中のインナーチャイルドをケアしたり、そういうことをコツコツバカみたいにやってきて、それでスッキリしてきているのかなと。

 わたしは、ここにいらっしゃる会場の皆さんよりも、太田さんよりも、もっとからだがボロボロだったし、こころももっと病んでいて、20代から30代前半までかなりひどかったんですよ。だけど、自分で自分をケアし浄化することができたから、必ずみなさんに合うものがあって、たいへんな状況から抜けるときが来る。いまよりもっともっとシンプルになる。それは周りが変わるんじゃなくて、自分が変わるのかなと、最近思っています。 

2018年6月20日更新

  • はてなブックマーク

特集記事一覧

カテゴリー

服部 みれい(はっとり みれい)

服部 みれい

文筆家、詩人、『murmur magazine(マーマーマガジン)』、詩とインタビューの本『まぁまぁマガジン』『murmur magazine for men(マーマーマガジンフォーメン)』編集長。冷えとりグッズを扱う「マーマーなブックス アンド ソックス」(mmbs)(murmur-books-socks.com/)主宰。著書に、『あたらしい自分になる本 増補版 SELF CLEANING BOOK』『自由な自分になる本 増補版 SELF CLEANING BOOK2』(ちくま文庫)、『わたしの中の自然に目覚めて生きるのです』(筑摩書房=刊)、『わたしが輝くオージャスの秘密』(蓮村誠=監修、ちくま文庫)などがある。

服部みれいHP☞ hattorimirei.com/

太田 莉菜(おおた りな)

太田 莉菜

1988年生まれ千葉県出身。2001年にモデルデビューし、その後数々のファッション誌などで活躍。 04年には映画『69sixty-nine』(李相日監督)のヒロインでスクリーンデビュー。以降は女優としても、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍。 主な出演作に、映画では『ユモレス 逆さまの蝶』(06/猪俣ユキ監督)、『脳男』(13/瀧本智行監督)、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』(全7章&長編劇場版・14/押井守監督)、『ホットロード』(14/三木孝浩監督)、『海月姫』(15/川村泰祐監督)、『テラフォーマーズ』(16/三池崇史監督)、『君と100回目の恋』(17/月川翔監督)、テレビドラマでは『私という運命について』(14/WOWOW)、『ロング・グッドバイ』(14/NHK)、『ラブラブエイリアン』(16/CX)、舞台では『怪獣の教え』(16)など。

関連書籍

こちらあみ子

服部 みれい

うつくしい自分になる本 (単行本)

筑摩書房

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入