特別掲載・大疫病の年に

【特別掲載】大疫病の年に

マイク・デイヴィス、コロナウィルスを語る

2019年末、中国・武漢に発したとされる新型コロナウィルスは、第二次大戦後最悪ともいわれるペースで世界各地に感染を広げています。なぜ現代世界は新種のウィルスにかくも脆弱になってしまったのか。世界でいま何が起こっていて、これから何が私たちを待ち受けているのか。『感染爆発』などの著作があるアメリカの社会学者マイク・デイヴィスがその核心に肉薄した最重要論考を、Jacobin誌の許可を得て特別に掲載します。

 コロナウィルスが世界を駆けめぐっている。われわれの治療能力は言うに及ばず、検査能力すら追いつかないスピードで。いつか出現すると危惧されてきたこの怪物ウィルスは、とうとうすぐそこ、玄関口までやってきた[i]。このようなバイオ危機に対してグローバル資本主義は全く無力なので、国際的規模のきちんとした公的保健インフラを要求していかなければならない。

 コロナウィルスは古い映画のようだ。1994年のリチャード・プレストンの著書『ホットゾーン』[ii]が、中央アフリカの秘境にあるコウモリの巣穴から生まれ、エボラという名で知られる絶滅の悪魔を紹介して以来、こうした物語はくり返し語られ、観られてきた。エボラは、人間にとって未経験の免疫システムの「処女領域」(これは正式な用語だ)に起こる、数々の新しい疾病のはじまりにすぎなかった。エボラのすぐ後に鳥インフルエンザが現れ(1997年ヒトに感染)、SARSがこれにつづいた(2002年暮れに出現)。2つのウィルスはいずれも、世界の生産ハブを担う広東省で出現した。

 ハリウッドは予想に違わず貪欲にもこのアウトブレイクに飛びつき、刺激的で恐ろしい映画が量産された(なかでもスティーヴン・ソダーバーグの「コンテイジョン」(2011)は、科学的な正確さを備え、しかも現在のカオスを不気味なほど予言しており出色である)。こうした映画や多くのぞっとする小説にくわえて、たくさんの真面目な著書やさらに多くの科学論文が、これらのアウトブレイクを取り上げた。そこで一様に強調されたのは、新しい疾病を追跡し対応するための世界的な準備態勢が、絶望的なほど整っていないことだ。

数字のカオス

 つまり、コロナウィルスはおなじみのモンスターで、堂々と玄関から入ってきたというわけだ。もちろんコロナのゲノム配列の解読は(すでに十分研究されたSARSによく似ていることは分かっている)なされるべきだが、今のところこのウィルスに関する最も重要な情報は未知のままである。研究者たちは日夜奮闘し、アウトブレイクの特徴を把握しようとするなかで、大きく三つの難題に直面している。一つは、検査キットの不足がとくにアメリカとアフリカで顕著なことだ。そのせいで、再生率、感染人口の規模、軽症者の割合など、疾病解析の鍵となる数字を正確に見積ることできなくなっている。

 二番目に、季節性インフルエンザと同じく、このウィルスが異なった年齢構成と健康状態の人口に蔓延するなかで変異を起こすことだ。アメリカ人の多くがかかる型は、武漢での最初のアウトブレイクの型とはほんの少し違っている可能性が高い。さらなる変異は毒性を弱める場合もあれば、50歳以上が重症化しやすい現在の毒性を変える可能性もある。現状では、トランプのいう「コロナインフルエンザ」は、アメリカ人の4分の1、つまり年配者および免疫系や呼吸器系に慢性的な問題を抱えた人々に死の危険をもたらす。

 第三に、ウィルスが安定的で変異が最小限にとどまったとしても、若年人口への病気のインパクトは、貧困国や貧困集団では劇的に変わる可能性があることだ。1918-19年のスペイン風邪の世界的流行を思い出してみよう。この流行で人類の1~2パーセントが命を落とした。アメリカとヨーロッパで、当時のH1N1ウィルス[iii]は多くの若者の命を奪った。これは今まで、彼らの免疫系が比較的強かったせいだと説明されてきた。というのは、免疫系が感染に過剰反応して肺細胞を攻撃し、肺炎と敗血症を引き起こしたからだ。だが最近の研究では、年配者は1890年代のアウトブレイクの際の「免疫記憶」を持っており、そのせいでかかりにくかったと主張する細菌学者もいる。

 いずれにせよ、インフルエンザはどんな集団のなかにも心地よい居場所を見つけてきた。第一次大戦ではこの病気が若い兵士を何万人も殺したことで、戦場はめちゃくちゃになった。とくにドイツ帝国軍への影響は致命的だった。そのせいで1918年の「皇帝の戦い」、つまりは第一次大戦の勝敗そのものが決まってしまった。中央同盟国側は連合国軍側のように、病気になった兵士を次々に到着する元気なアメリカ兵と置き換えることができなかったからだ。

 一方、貧困国でのスペイン風邪は違った経過をたどった。世界全体の死亡のうち60%近くが、パンジャーブ地方、ボンベイ〔ムンバイ〕、その他のインド西部地域で生じたことはあまり知られていない(少なくとも当地で2000万人が死んだ)。この地域ではイギリスへの穀物輸出とイギリスによる強制的な穀物の徴集によって、大規模干ばつが生じていた。食糧不足ですでに数百万の貧困者が飢餓すれすれの状況に陥っていた。そのため彼らは、栄養不良(これは感染への免疫反応を鈍らせる)と強度の細菌性あるいはウィルス性肺炎との危険きわまりない相互作用の犠牲となった。イギリス占領下のイランでもこれと似たようなことが起こり、干ばつ、コレラ、食糧不足が数年つづいた。さらにこの悪条件の下でマラリアのアウトブレイクが起こり、人口の5分の1が死ぬことになった。

 こうした歴史、とりわけ栄養不良と感染症との相互作用によるあまり知られていない悲惨な結末は、次のことを警告する。アフリカや南アジアの人口過密で不健康な環境のスラムでは、COVID-19が今までと異なるより致命的な経過をたどる可能性があるということだ。ラゴスやキガリやアディスアベバやキンサシャで、すでにコロナの感染報告が出ている[iv]。ただし、こうした地域の保健条件及び疾病が、ウィルスとどのような相互作用を及ぼすかは今のところ誰にも分からない(そもそも検査キットがないので、長きにわたって相互作用の検証自体できないだろう)。なかには、アフリカの都市人口は世界で最も若年層が多いので、パンデミックは大きな影響を与えないだろうという人もいる。だが1918年の経験に照らすなら、これは愚かな推定だ。パンデミックが季節性インフルエンザ同様、暖かくなると収まるという推定もこれと同じく根拠がない。(トム・ハンクスはまだ夏のオーストラリアで感染した)。

医療のハリケーン・カトリーナ

 1年後には、中国のパンデミック封じ込めの成功が称賛され、アメリカの悲惨な失敗が顧みられることになっているかもしれない(ここでは中国による早期の感染終息宣言がある程度正しいと仮定している)。だが、アメリカにはコロナというパンドラの匣を閉じたままにしておく制度が不足しているという事実に、驚くべき点は何もない。2000年以来、この国では保健医療の前線が何度も崩壊しているのだから。

 たとえば2009年と2018年のインフルエンザシーズンには、国中の圧倒的多数の病院でベッド数がどうしようもなく足りなくなった[v]。これは、長年つづいてきた採算重視の入院患者受け入れ削減策の結果である。こうした危機は、レーガンが大統領になり、民主党の指導者たちもまたネオリベラルの代弁者に変節したことによる、医療支出に対する党派を超えた攻撃からはじまった。アメリカ病院協会によると、患者を収容できる病床数は1981年から1999年の間に39%も減少した。この数値は普通ではない。削減は「センサス」(ここでは病床稼働率の数字)を上げて利益を増やすために行われた。だが、病床の稼働率90%というマネジメント上の目標が意味するのは、伝染病や医療上の緊急事態の際に、病院に殺到する患者を収容する能力がゼロに近いということだ。

 21世紀に入ってから、私的セクターでの救急医療はどんどん縮小されてきた。これは、短期的な増収増益という「株主価値」の至上命令によるものだ。他方で公的セクターでは、緊縮財政と州および連邦の準備予算の削減のために救急医療の縮小が進んできた。その結果、目下重大局面にあるコロナウィルスの爆発的感染を受け入れられる病床が、アメリカ全土でわずか4万5000床しかない。(これに比較して、韓国は人口比でアメリカの3倍の病床が利用可能である)[vi]。USAトゥデイの調査によると、「COVID-19で症状が悪化する可能性がある60歳以上のアメリカ人は100万人いるが、その数に見合った治療用の病床が用意されているのは8州だけだ」。

 つまり今、われわれは医療におけるハリケーン・カトリーナの初期段階にいるということだ。専門家たちがこぞって病院の収容定員の大規模増を提言したのに、緊急医療への設備投資を減らしたために、緊急用病床のみならず基本的な医療サプライすら不足するようになった。

 アメリカでは、国単位、また地域単位の医療品ストックは、伝染病のモデルケースで必要とされるよりもはるかに低い水準にとどまっている。つまり、検査キットが全く足りないということだ。これは同時に、医療従事者が自分の身を守るための基本的な装備が決定的に不足していることを意味している。国にとっての社会的良心といえる軍の看護師たちの話を聞くと、N95マスクのような身を守るための備品ストック不足がいかに危険かを誰でも理解できる。それだけでなく、彼らの話から、病院は長い間、CDI〔クロストリジウム・ディフィシル感染症。代表的な院内感染の原因微生物〕のような抗生物質耐性菌の培養室となってきたことも明らかになる。この菌は、病院の過剰収容区域における重大な二次的死因となりうるものだ。

社会の分断

 アウトブレイクは即座に、「われわれの革命」[vii]が国民的政治議題としてきた、ヘルスケア分野にはびこる階級分断を白日の下に晒した。要するに、高額の保険に入り、なおかつ家で働いたり教えたりできる人たちは、自粛要請に従うかぎり快適な隔離環境にいられる。これに対して、公的部門の職員、そしてある程度の保障がなされる組合加入の労働者集団は、収入確保と命を守ることとの間で難しい選択を強いられる可能性がある。だがもっとひどいのは、数百万人にのぼる低賃金のサービス労働従事者、農場労働者、失業者、ホームレスだ。彼らは狼の群れに放り出されたも同然の状況にある。

 知ってのとおり、包括的保障を本当に実現しようとするなら、病欠時の賃金支払いに備えるためのまとまった額の準備金が必要になる。だが現在のところ、労働力の45%はこの権利を否定されているため、事実上〔無理して働いて〕病気をうつすか食いっぱぐれるかの選択を迫られている。それだけでなく、共和党優位の14州では、ACA〔通称「オバマケア」と呼ばれる公的医療保険制度〕準備金制度の開設を拒否してきた。メディケイドをワーキングプアに広げることの拒絶である。そのためたとえばテキサスでは、4人に1人が保障対象外で、感染症にかかったとしても治療を受けられるのは郡病院の緊急治療室だけという悲惨な状態である。

 大疫病が発生している現在、私的医療保険の絶望的なまでに矛盾した状況は、利潤目当てのナーシングホーム産業に典型的に表れている。アメリカのナーシングホーム[viii]は2500万人にのぼる老人を収容し、多くはメディケアと連携している。この産業は非常に競争が激しく、低賃金、スタッフ不足、違法なコスト削減が行われ、完全に資本主義化されている。施設側が感染症抑制のための対応を怠ったことが原因で、毎年数万人が命を落としている。しかも政府は、大量殺戮装置としか形容しがたいこの施設に対して、責任あるマネジメントを一切行なっていない。多くのホームが、とりわけ南部諸州では、追加のスタッフを雇って適切な訓練を施すよりも衛生違反の罰金を支払う方が安上がりだと考え、そのとおりに行動している。

 アメリカで最初にコミュニティ内の集団感染が起きたのが、ライフケアセンターというシアトルのカークランド郊外にあるナーシングホームだったのは驚くにあたらない。私はジム・ストーブという昔からの友人で、シアトル地域のナーシングホーム労働組合のオーガナイザーをしている人と話し、今は彼らについての記事を国に渡すために書いている。ジムが言うには、ナーシングホームは「アメリカ一ぎゅうぎゅう詰めの場所」で、ワシントンのナーシングホームシステム全体が「国中で最も資金がない。つまりテックマネーの海の中で苦しむ不毛のオアシスという馬鹿げた存在」になり果てている。

 さらにジムが言うには、ライフケアセンターの近隣10箇所のナーシングホームに感染が広がったことを説明する決定的な理由を、保健局は見過ごしたままだ。「アメリカで最も値が張るレンタル市場にいるナーシングホーム職員は、だいたい複数のホームで仕事を掛け持ちしている」。当局が副業場所や名前を把握していないせいで、COVID-19の蔓延に対する最も重要な手立てをみすみす逃してしまった。そのうえ〔ホームで集団感染が蔓延している〕今になっても、感染に曝された職員に給与補償を出すから家にとどまるようにとは誰も言わない。

 アメリカ中で、何十、何百のナーシングホームがコロナウィルスのホットスポットになるだろう。今のような状況では、多くの職員が結局はこんな条件で働きつづけるくらいならフードバンク〔寄付された食品を困窮者に無償配布する取組〕を選択して自宅待機を選ぶはずだ。だがそうなった場合、ホームのシステムは崩壊してしまう。かといって、差込便器を取り替える仕事を州兵に任せられるとも到底思えない。

2020年4月7日更新

  • はてなブックマーク

特集記事一覧

カテゴリー

マイク・デイヴィス(Mike Davis)

マイク・デイヴィス

1946年カリフォルニア州生まれ。アメリカの都市社会学者。精肉業やトラック運送業に従事したのちに、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で修士号を取得。現在はカリフォルニア大学リバーサイド校教授、『ニュー・レフト・レビュー』誌編集委員。おもな邦訳書に『要塞都市LA』(青土社)、『感染爆発』(紀伊國屋書店)、『スラムの惑星』(明石書店)などがある。

重田 園江(おもだ そのえ)

重田 園江

1968年兵庫県西宮市生まれ。早稲田大学政治経済学部、日本開発銀行を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。現在、明治大学政治経済学部教授。専門は、現代思想・政治思想史。フーコーの思想を、「権力」や「統治」を中心に研究する。著書に『ミシェル・フーコー――近代を裏から読む』『社会契約論――ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』(以上、ちくま新書)、『フーコーの穴――統計学と統治の現在』(木鐸社)、『連帯の哲学Ⅰ――フランス社会連帯主義』(勁草書房、第28回渋沢・クローデル賞本賞受賞)、『統治の抗争史――フーコー講義1978‐79』(勁草書房)などがある。

関連書籍