ちくま新書

「マスターズ」が、10倍おもしろくなる!

誕生の秘密と名勝負

年に一度のゴルフ界最大の夢の舞台「マスターズ」。一人のアマチュアゴルファーが作った大会がなぜ、ここまで大きくなったのか? そこには、確かな戦略とテレビの登場、そしてスーパースター誕生という運もあった。マスターズ誕生の秘密と、数々の名勝負、その魅力を描ききった「マスターズ物語」。オーガスタ全図、各ホール図と、ボビー・ジョーンズの戦略解説、優勝者の名言集まで付いた完全版です。

 みなさんはマスターズというゴルフの大会をご存知ですか? ゴルフ好きの人なら誰でも知っていると思いますが、もしも知らないということであれば、ぜひ一度、テレビやインターネットなどで、毎春開催されるマスターズを見てほしいのです。そうすれば、あなたがゴルフをやったことがなく、普段ゴルフ番組など見たことがないという人でも、必ず惹きつけられると思います。
 なぜなら、まずマスターズの舞台となるオーガスタナショナルというゴルフコースが、溜息の出るほど美しいところだからです。緑の絨毯のような芝生は陽光できらきらと輝いていますし、アザレアと呼ばれるつつじの花は赤や白など様々な色合いで何千本と咲き乱れています。小川が流れ、池があり、松林が聳(そび)える、まさに桃源郷のようなゴルフの世界が広がっています。
 そしてこのすばらしい舞台で繰り広げられるマスターズというゴルフ大会は、いつも奇跡的なドラマを生み出します。マスターズとは「名手」たちのことですが、出場する選手は腕が際だっているだけでなく、各国各地域を代表する「盟主」たちのことも意味しています。世界のゴルフ盟主たちが一堂に会して、世界一の座を争うからこそ、信じ難い筋書きのないドラマが生み出されるのです。ゴルフの神様だけしか知り得ない悲劇と喜劇が起きるのです。
 マスターズの舞台となるコースの美しさに惹かれたら、ぜひとも選手たちのプレーを見て、ドラマの成り行きを愉しんでほしいと思います。それもできれば4日間行われる大会の最終日、日曜日の優勝を争っている人たちのプレーを見てほしい。そうなればもう、あなたの眼はテレビに釘付けになっているはずです。なぜならそこに登場している選手のほとんどが、ゴルフが何かもわからない子供の頃にたまたまマスターズを見てしまい、大きな衝撃と感動を受けて、いつの日かプロゴルファーになってこの大会に優勝することを夢見てきたからです。あなたもマスターズを見たら、もう次の日からゴルフクラブを握ってゴルフを始めているかも知れません。それほどまでに、人の生活や人生までをも変えてしまう魅力がある大会だといえるのです。
 このような人の一生まで変えかねないマスターズという大会は、世界最高峰の4つの大会、メジャー4大会の一つです。ゴルフにおけるメジャー4大会は、1860年に第1回大会が開催された世界最古のトーナメントである全英オープンと、1895年に初大会が行われた全米オープン、1916年に始まった全米プロ、そして1934年に球聖ボビー・ジョーンズによって開催されたマスターズになります。これら4つの大会はグランドスラム大会とも呼ばれ、それらのすべてを制した者はグランドスラマーと呼ばれます。4大大会のなかで、毎回同じコースで開催されるのはマスターズだけであり、一ゴルファーの意志で大会が催されることになったのもマスターズだけです。
 その一ゴルファーとは球聖と謳(うた)われたボビー・ジョーンズです。1902年生まれの彼は当時の4大大会、全英・全米アマ、全英・全米オープンのタイトルを次々に獲得した後、それらの4大会を1年の間にすべて制した、史上初のグランドスラマーとなったゴルファーです。アマチュアなのにプロをも倒して勝利していった世界最強のゴルファーでもあったわけですが、この偉業を達成した後、潔く引退してしまいました。よって、生涯アマチュアのゴルファーだった人物です。
 そんなボビー・ジョーンズが仲間たちと愉しいゴルフをしたいと思って、生まれ故郷アトランタのすぐ近くに造り上げたのが、オーガスタナショナル・ゴルフクラブです。そのコースは大変に美しく、非常に戦略的に富んだ世界に誇るチャンピオンコースとなりました。しかもジョーンズの仲間たちは世界に名だたるチャンピオンばかり。必然的に彼が催す大会はメジャー大会に匹敵するものとなったのです。
 とはいえ、歴史ある全英・全米オープンと肩を並べる本物のメジャー大会になるのは並大抵のことではありません。ゴルフコースのすばらしさ、出場する世界屈指のプロが繰り広げるドラマがあってこそであり、それを伝えるメディアがあればこそです。テレビの出現とともに、それらをダイレクトに視聴者に伝えることができるようになり、マスターズは本物のメジャー大会に昇格していったのです。
 こうしてマスターズを加えた新しい4大大会が確立されたわけですが、このマスターズが開催されるようになってから80年以上を経過した今もなお、4大大会を1年の間に制した者は出ていません。多数年に渡って4大大会を制した者でさえ、ジーン・サラゼン、ベン・ホーガン、ゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラウス、タイガー・ウッズの5人しかいないのです。ボビー・ジョーンズが成しとげた偉業を再現できる者が今後出現するかどうか、大いに愉しみなところです。
 本書はこうしたマスターズというゴルフトーナメントとは一体どういうものなのか、その起源とはどんなことなのか、舞台となるオーガスタナショナルとはどんなゴルフコースなのか、またマスターズのその魅力とはいかなるものか、どんなドラマが生み出されたのかなど、そのすばらしさの秘密を物語とともに詳細に解明しています。
 なお、私はゴルフ雑誌『書斎のゴルフ』の編集長を長く務めてきました。一流の選手やプロの取材・執筆も数多く行い、中部銀次郎さんや倉本昌弘プロの本なども書いてきました。マスターズや全英オープンなどの取材もしてきました。もちろん、オーガスタナショナル・ゴルフクラブにも実際に行っています。これらの経験も本書に生かしたつもりです。最後まで愉しく読み進めていただけることを願っております。

                                    本條 強

関連書籍