ちくま文庫

世界を知るための確かな助け

上橋菜穂子著『隣のアボリジニ ――小さな町に暮らす先住民』

 かっこつけず、作らず、省かず、著者である上橋さんが異文化であるアボリジニ社会に出会っていく正直な思考の軌跡が、読んでいて気持ちがいい。
 ぼくもアボリジニの文化を学ぼうとオーストラリアを旅したことがある。オーストラリア北部のダーウィンから南下してアリススプリングスを通り、南のアデレードまで、大陸を縦断する長い旅だった。地元のアボリジニの許可なしに立ち入ることができないアーネムランドなどにも入らせてもらい、肌で彼らの生活に触れた。
 自分がスタート地点にダーウィンを選んだのは、北部や沙漠に住んでいるアボリジニたちの方が、より「本物」に近いという触れ込みだったからである。アボリジニの文化に触れるならそうした地域に行くしかないだろう、ぼくは聞きかじりの情報を頼りにそう思いこんでいた。しかし、観光客や研究者が好んでやってくる地域では、アボリジニが故意にアボリジニらしく振る舞ったり、異邦人の意図を察して、それに応えようとする。他者の視線を十二分に意識した彼らの営みは、現実のある部分を見えなくさせてしまうのだ。
 本書の序章に描かれているように、上橋さんも最初はそうした地域のコミュニティに住み込みたいという願望をもっていた。ただ、大学院生だったのでたいしたツテもなく、人類学者たちが長年研究対象にしてきたような、伝統文化を色濃く継承するコミュニティには入れない。そこで出会ったのが、日本のことを伝える教師としてオーストラリアの小学校に派遣されるプログラムだった。
 行き先はオーストラリア中西部の小さな町である。そこには、自分たちの言語を失い、白人社会の中に生きるアボリジニが暮らしていた。つまりその街にいたのは、辺境の地に暮らすステレオタイプなアボリジニではなく、植民地化の波に翻弄され、伝統文化などとは無縁な暮らしをしているアボリジニだったのだ。
 しかし、そのことが逆に多くの示唆に富んだ出会いへと著者を導き、本書を希有なドキュメントに仕上げている。狩猟採集を軸に神話を受け継ぎながら自然と共生する人々、あるいは、朝から酒を飲んで何をするでもなく街をうろつく厄介者、そうしたアボリジニに対するイメージは、本書を読むことで、きれいに覆される。
 上にあげたイメージは、アボリジニだけではなく、北極圏や北米大陸の先住民にもあてはまる。本書を読めば、わたしたちが上辺だけで理解したつもりになっている異文化像こそが、実は本当の理解を妨げる障害になっていることを思い知らされるだろう。
 また、読者だけではない。上橋さんの冷静かつ慎重な観察眼は、「自分はもう伝統文化を知らない」と公言するアボリジニの思い込みをも相対化し、彼ら自身があまりにも身近にあって気づかなかった文化やその背景をあぶりだしていくことに成功している。もし現地のアボリジニがこれを読めたとしたら、日本語で読むぼくたち以上に、多くの気づきと発見を得るのではないかとさえ思ってしまうのだ。
 本書は、アボリジニという人々を知るばかりでなく、世界を知るための確かな助けになるだろう。より多くの人が手に取れる文庫化は喜ばしい限りだ。

関連書籍