単行本

『金持ち父さん』シリーズ改訂版によせて

 日頃の『金持ち父さん』シリーズご愛読に心から感謝している。このたび、シリーズ第一弾『金持ち父さん 貧乏父さん』と第二弾『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』の改訂版を日本の皆様にお届けできることは、私にとってこの上ない喜びだ。
 私が『金持ち父さん 貧乏父さん』を書いたのは、私の親友の父親である「金持ち父さん」のお金に関する教えを皆さんに伝えたかったからだ。また、経済的自由を手に入れるまでの私自身の体験を知ってほしかった。成功も失敗もありのままに、そこから何を学んだかも書いた。「お金」の話が家庭ですらタブーだった時代、それが私にできる世の中への恩返しだと思った。
 最初はあらゆる出版社に断られ、自費で千部だけ刷って近所のガソリンスタンドに置いてもらったのが昨日のことのようだ。あれから十数年が経ち、今ではアメリカ歴代のベストセラー第三位となり、世界百九カ国で読まれている。「本を読んで人生が変わった」という便りを世界中からもらうのは嬉しいが、世界経済を見ると、とても喜びに浸ってなどいられない。
 いま世界は急速に二分化している。一握りのメガリッチ(超富豪)とその他の貧困層に分かれ、かつての中流階級の貧困化が進んでいる。今、貧しくなる人が増えているのは、彼らが「お金とは何か」、「本当の資産、負債とは何か」、そして「お金を自分のために働かせるにはどうしたらよいか」を知らないからだ。
「良い学校を出て良い会社に入り、お金を貯めてマイホームを買い、長期に分散投資をしましょう」などという古いアドバイスに従っている人は負ける。もはや政府も会社も面倒を見てはくれない。「投資は自己責任で」という掛け声のもとに誰もがにわか投資家にならざるをえない。その傾向は今後ますます加速していくだろう。だから改訂版には、これからの時代を生き抜くのに必要な心構えと情報を追加した。
 とくに『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』の第五章は全面的に書き改めた。同書では、お金の世界にいる四種類の人々について細説している。企業の従業員や個人事業主は、勤労所得を得るために一生働かなければならないうえ、一番重い税金に苦しめられる。一方で、投資家や大企業のオーナーにはさまざまな税の優遇が与えられる。そして市場は、政府と金融グループにコントロールされている。個人はよほど賢くならないと太刀打ちできない。善し悪しは別として現実はそうなっている。年金や医療などの社会保障は削られ、税金はますます重くなるだろう。それは、日本だけではなく世界中で起こりつつあることだ。
 そう遠くない将来、リーマン・ショックをはるかに上回る史上最大の金融危機が起こると私は予想している。だが悲観的にならないでほしい。私の目標は、その危機を生き延び、そして繁栄することだ。さらに、読者の皆さんにもそうなってもらうことだ。日本の皆さんに経済的自由を手に入れてほしい。金持ちになってほしい。そして、社会の「問題」になるのではなく「解決者」になってほしい。
 だから、愛読者の皆さんも、このシリーズをまだ読んだことがない方も、今回の改訂版を手に取ってみていただければ幸いだ。この機会に、「お金とは何か」、「資本主義とは何か」、「銀行とは何か」といったことを考える手がかりとして読み直してみるのもいいだろう。私の著書は「手っ取り早い金儲け」の本ではない。私は人に「魚」を与えるのではなく、「魚を獲る方法」を教えたい。そうすれば、その人は自分の力で生き延びることができるようになる。そのためにはお金の教育、つまり「ファイナンシャル教育」が必要不可欠なのだ。
 今回の改訂版が、日本の皆さんの将来の経済的自由と繁栄に役立つならば、私にとってこれに勝る喜びはない。
(Robert Kiyosaki 起業家・教育者・投資家/井上純子訳)

最新インタビュー公開中! 金持ち父さんシリーズスペシャルページはこちら