一ノ瀬 正樹

一ノ瀬 正樹いちのせ まさき

1957年茨城県土浦市生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院哲学専攻博士課程修了(文学)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。英国オックスフォード大学Honorary Fellow。和辻哲郎文化賞、中村元賞、農業農村工学会賞著作賞を受賞。著書に『死の所有』(東京大学出版会)、『原因と理由の迷宮』(勁草書房)、『確率と曖昧性の哲学』(岩波書店)、『放射能に立ち向かう哲学』(筑摩選書)、『東大ハチ公物語』(共編著、東京大学出版会)などが、論文に"Normativity, probability, and meta-vagueness"(Synthese, DOI:10.1007/s 11229-015-0950-7)などがある。