小林 エリカ

小林 エリカこばやし えりか

1978年、東京都生まれ。作家・漫画家。2001年、『ネバーソープランド』でデビュー。2014年、『マダム・キュリーと朝食を』で第27回三島由紀夫賞、第151回芥川龍之介賞の候補作ノミネート。その他の作品に『忘れられないの』、『光の子ども』1~3巻、『トリニティ、トリニティ、トリニティ』など。アーティストとしても活動し、多数の展示に参加している。