星野 保

星野 保ほしの たもつ

1964年東京都生まれ。名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程満期退学。博士(農学)。八戸工業大学工学部生命環境科学科教授。専門は菌類の低温適応とその産業利用。著書に『菌世界紀行――誰も知らないきのこを追って』(岩波書店)、『菌は語る――ミクロの開拓者たちの生きざまと知性』(春秋社)など。専門を踏まえ、読者に沁みる(凍みるではない)スベリ芸を磨いている。

  • 記事が見つかりませんでした