高橋 久美子

高橋 久美子たかはし くみこ

1982年、愛媛県生まれ。チャットモンチーのドラマー・作詞家を経て、2012年より作家・作詞家として活動する。
主な作詞曲に、原田知世「銀河絵日記」、ももいろクローバーZ「Sweet Wonderer」、私立恵比寿中学「朝顔」、チャットモンチー「シャングリラ」「ハナノユメ」「バスロマンス」「風吹けば恋」「サラバ青春」「砂鉄」など多数。
著書にエッセイ集「いっぴき」、詩画集「太陽は宇宙を飛び出した」、絵本「赤い金魚と赤いとうがらし」など。
2017年、翻訳を担当した絵本「おかあさんはね」が第九回ようちえん絵本大賞を受賞。
2019年1月、翻訳を担当した絵本「ディア ガール おんなのこたちへ」と「パパといっしょ」が刊行された。
ミュージシャンとの詩の朗読×音楽のセッションや、創作人形浄瑠璃の脚本、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍する。

12月18日には詩画集「今夜 凶暴だから わたし」をミシマ社から刊行。
約10年ぶりとなる詩画集は、様々な女性の心情を描いた珠玉の30編。
鋭くも細やかな高橋の詩と濱愛子の奔放な紙版画が織りなす世界が、そのままの私達を包みます。
限定のサイン本やイベントの情報は以下より
http://takahashikumiko.com/news

オフィシャルホームページ http://takahashikumiko.com/top
オフィシャルツイッター https://twitter.com/kumikon_drum