黒川 伊保子

黒川 伊保子くろかわ いほこ

1959年長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業。(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能(AI)の研究開発に従事した後、コンサルタント会社、民間の研究所を経て、2003年(株)感性リサーチ設立、代表取締役に就任。脳機能論とAIの集大成による語感分析法を開発、マーケティング分野に新境地を開いた、感性分析の第一人者。また、その過程で性、年代によって異なる脳の性質を研究対象とし、日常に寄り添った男女脳論を展開している。人工知能研究を礎に、脳科学コメンテーター、感性アナリスト、随筆家としても活躍。著書に『キレる女  懲りない男』(ちくま新書)、『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』(講談社+α新書)、『女の機嫌の直し方』『ことばのトリセツ』(集英社インターナショナル新書)、『定年夫婦のトリセツ』(SB新書)、『ヒトは7年で脱皮する』(朝日新書)、『共感障害』(新潮社)、『前向きに生きるなんてばかばかしい』(マガジンハウス)、など多数。

  • 記事が見つかりませんでした