上間 陽子

上間 陽子うえま ようこ

1972年、沖縄県生まれ。普天間基地の近くに住む。1990年代から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの支援・調査に携わる。2016年夏、うるま市の元海兵隊員・軍属による殺人事件をきっかけに沖縄の性暴力について書くことを決め、翌年『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)を刊行。調査対象者に原稿を実際に読んでもらう「読み合わせ」からはじまった本書は、沖縄のいまを伝える作品として大きな反響を呼んだ。現在は若年出産女性の調査を続けている。