マンガ 認知症2

第6章 自分の老後が不安です

大好きな祖母が認知症になってしまい、母と2人で介護に取り組むマンガ家、ニコ。
認知症の心理学の専門家、サトー先生の助けを得て認知症の人の心を知るようになり、少し介護が楽になっていた――はずが、今度は施設入所をめぐるお悩みが……。
今回ニコ家の前に現れたのは、介護事業を立ち上げて30年のコジマさん。認知症の施設介護のホントのところ、腹割って話します!