加納 Aマッソ

第39回「3月末をもちまして解散することになりました。」

 兄さん
 ご無沙汰しています。コロナで飲食店は特に大変な時期だと思いますが、元気で過ごされていますでしょうか? お子さんはそろそろ幼稚園に通われる年齢でしょうか。
 兄さんがお店を開いてすぐ、相方の村上と二人で食べに行かせてもらいましたね。随分前のように感じますが、あれからまだ3年も経っていないことに驚きます。実はあの時、出していただいた料理よりも、「ほんまにお笑いに未練ないんかな」って兄さんの表情ばかり気にしてしまいました。私がカウンター席から「ここに書いてあるメニュー全部ください」と言うと、兄さんは優しく「ちょっと」って笑っただけでしたね。そんな小さい声、どの劇場でも聞いたことなかったのに、って思ったけど言えませんでした。
 こうして久しぶりに兄さんのことを思い出したのも仕方のないことです。単純ですみません。毎年、春は別れの季節です。この時期になると、コンビの解散や引退報告の文章がネット上に溢れます。兄さんも書かれましたでしょうか? 当時読んだ記憶がないのですが、きっと多くは語らない淡白な文章だったんだろうと想像します。
 みんな、社会人でもないのに一丁前に春に辞めていきます。ぽかぽか陽気の下では悲観的にならずにすむからでしょうか。私がクローゼットの前で着る服の枚数を決めあぐねている間に、誰かは人知れず腹を決めて次の人生を選択している。アイドルの卒業のように「やり切りました」と言って晴れやかに辞めていく芸人は少ないけれど、その代わりこの仕事を嫌いになってやめる人も少ない。そのことだけでも、いかに芸人にとって芸人であることが誇りであるかがわかる気がします。

 

ご報告
この度、⚫⚫は3月末をもちまして解散することになりました。
今まで応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様、慕ってくれた後輩、本当にありがとうございました。
突然のご報告になってしまったこと、そして期待に応えることができなかったこと、申し訳ありませんでした。
この10年間、相方の⚫⚫には、1人では見れないような景色をたくさん見せていただきました。喧嘩もたくさんしたけど、今振り返っても楽しい思い出ばかりです。
⚫⚫、こんな僕を笑いの世界に誘ってくれて、ありがとう。
僕は芸人を引退し、相方の⚫⚫はピン芸人として続けていきます。
どうか今後も温かい目で応援してやってもらえると嬉しいです。

今まで本当にありがとうございました。 
⚫⚫ ⚫⚫

 

 今日見かけた文章なんですが、明らかにおかしいですよね。これ、おそらくですけど、芸人の引退報告に見せかけた怪盗からの挑戦状です。
 まずコンビ名と個人名が⚫⚫になっています。しかし名前が伏せられているのではありません。そうです、怪盗が狙っているのはブラックパールです。黒い真珠です。あと文中に出てくる数字は、宝石が眠っている部屋の扉の暗証番号ではないでしょうか。だから、3101。挑発しているんだと思います。俺はもう暗証番号を手に入れているんだぞ、と。ものすごくナメられています。そして、「今まで応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様、後輩、本当にありがとうございました。」という文の違和感。気づきましたか? 先輩が入っていないんです。これは「先輩がない」すなわち「戦敗がない」イコール「負けるわけがない」ということです。とんでもないやつです。
 私が今わかっているのはここまでです。この挑戦状をもっと読み解き、警察より先回りして怪盗をとっつかまえようと思っています。これは私と兄さんの秘密にしておいてください。また進展があったら連絡します。

 追伸
 春は別れだけじゃありません。
 春はコナンの季節です。

関連書籍

こちらあみ子

加納 愛子

イルカも泳ぐわい。

筑摩書房

1540.0

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入