早稲田文学女性号刊行記念シンポジウム

詩と幻視――ワンダーは捏造可能か【後編】

早稲田文学増刊女性号刊行記念シンポジウム・パネル1

昨年9月に刊行されるやいなや大反響を呼び起こした『早稲田文学増刊女性号』。それを承けて、11月26日に早稲田大学戸山キャンパスにて、4つのパネル、計8時間近い長丁場で開催された早稲田文学増刊女性号刊行記念シンポジウムより、川上未映子×穂村弘によるパネル1「詩と幻視――ワンダーは捏造可能か」の後編をお送りします。詩にとって重要なリズム、不可逆性の話から男性号の可能性まで、ワンダー溢れるトークの応酬!

■詩は野菜炒めでなければならない
穂村 男性の幻視者という話で言ったら、石原吉郎なんかはどうですか?
川上 石原吉郎は詩を読む前に、シベリア抑留体験を書いたエッセイを読んでいて、そこで書かれていることの衝撃が強すぎて、彼の詩をちゃんと詩として読めていない気が今もするんです。ただ、石原吉郎がそれだけの体験を経てきて、誰かに「詩にとって一番大事なものは何ですか?」と訊かれたときに「リズム」と答えたというエピソードは壮絶です。
穂村 あれはいい話ですね。けっして内容とかではないんだよね。
川上 石原吉郎に「リズム」と言われたら、もうリズム以外ないでしょう。
穂村 ただ、あれも散文的に読もうとするべきだとは思います。詩の本質って不可逆性だと僕は思っていて、どういうことかと言うと、野菜サラダのような詩は駄目で、野菜炒めやたくあんみたいじゃないといけないと。つまり野菜サラダはどれだけ細かく切って混ぜても野菜自体は変わっていない。元のレタスやトマトに復元できちゃうけれども、野菜炒めは加熱したときに不可逆的な変化が起こるので、もう元には戻せない。たくあんも発酵しているから元の大根には戻らない。本当の表現って野菜炒めやたくあんみたいなもので、サラダは違うと思うんです。詩を見たときに、これはサラダなのか野菜炒めやたくあんなのかという検証はできるし必要ですよね。つまりどこまで散文に戻せるかということで、石原吉郎だと、「葬式列車」の最初のほうに「ただ いつも右側は真昼で/左側は真夜中のふしぎな国を/汽車ははしりつづけている」というフレーズがあって、読んだときにすごいイメージだと思ったんだけど、よく考えるとソ連は広いので単に時差の話なんじゃないかという気がしたんです。どんなに衝撃的な表現でも、戻すことが可能なものはあるんですよね。西脇順三郎にしても、誰かに「タンポポの根の笑い」という表現はどういう意味なんですかと訊かれて、「タンポポの根は苦いだろう。苦笑いのことだよ」と答えたって話があって、なんだよダジャレなのかよと(笑)。
川上 (笑)。それはサラダ的表現なんですね。

2018年2月28日更新

  • はてなブックマーク

特集記事一覧

カテゴリー

川上 未映子(かわかみ みえこ)

川上 未映子

1976年大阪府生まれ。2007年、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で早稲田大学坪内逍遙奨励賞、08年、「乳と卵」で芥川賞、09年、『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、10年、『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞および紫式部文学賞、13年、『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、16年、『あこがれ』で渡辺淳一賞を受賞。その他の著書に『すべて真夜中の恋人たち』『きみは赤ちゃん』『ウィステリアと三人の女たち』(2018年3月刊予定)など。

穂村 弘(ほむら ひろし)

穂村 弘

1962年5月21日北海道生まれ。歌人。1990年に歌集『シンジケート』でデビュー。短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本翻訳など広い分野で活躍。2008年に『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞を、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『整形前夜』『現実入門』『本当はちがうんだ日記』『きっとあの人は眠っているんだよ』『これから泳ぎに行きませんか』など。

関連書籍

こちらあみ子

早稲田文学会

早稲田文学増刊 女性号 (単行本)

筑摩書房

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入
こちらあみ子

川上未映子

たましいのふたりごと (単行本)

筑摩書房

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入