早稲田文学女性号刊行記念シンポジウム

詩と幻視――ワンダーは捏造可能か【後編】

早稲田文学増刊女性号刊行記念シンポジウム・パネル1

昨年9月に刊行されるやいなや大反響を呼び起こした『早稲田文学増刊女性号』。それを承けて、11月26日に早稲田大学戸山キャンパスにて、4つのパネル、計8時間近い長丁場で開催された早稲田文学増刊女性号刊行記念シンポジウムより、川上未映子×穂村弘によるパネル1「詩と幻視――ワンダーは捏造可能か」の後編をお送りします。詩にとって重要なリズム、不可逆性の話から男性号の可能性まで、ワンダー溢れるトークの応酬!

■もし男性号を作るなら?
穂村 自分自身のリズムはどうなんですか? いつもすごく独特のリズムを自信満々に押してくるという印象なんですけど(笑)。
川上 押してくるっていうのは、人間性の話ですか。
穂村 そんなわけないじゃん(笑)。書いたものの話で、小説にしても詩にしても、あそこまで個性的なリズムで自信満々に押すってことは確信があってやっているのかなと。
川上 わたしのリズムはそんなに個性的じゃない、というか、特に初期の散文詩なんかは日本語のベーシックなリズムであるところの七五調ですよ。
穂村 そうなんだ。
川上 はい。七五調に加えて、単語の持ってる意味がぶつかったときに生まれるナンセンスさとか、そういう塊としての何かだったような。ある意味で自信満々ではあったけど、自信満々に見えるというのはまたべつの話……自信満々に見えましたか。
穂村 ……うん(笑)。関西弁とリズムが相乗的になっていて強い表現だったと思います。
 話は変わるんですけど、もし川上さんが男性号を作れと言われたら、どんなひとに何を頼みますか? 
川上 男性号は……あまり思いつかないなあ。でも女性号で、誰々が入ってない、どうしてこの人が入っていてこの人は入らないんだという話はさんざん耳にしまして、やっぱりそれぞれ心の神棚に祀っているひとがいるんですよね。でも、これが日本でただ一冊だけ「女性号」なるものを作るという話だったら、わたしもこの人は外せないとかもっといろいろ考えたと思いますけど、別にそういうわけでもなく、あくまでわたしの責任編集号ということで好きにやったものなので、物足りなさを覚えたのなら、自分なりの女性号を考えてみるといいと思うんです。わたしも読みたい。穂村さん、男性号をやって下さいよ。
穂村 ムチャ振りじゃない?(笑)
川上 論壇誌とか男性しか書いてないんだから、どこでもいつでも男性号があふれてるとも言えるんですけど、でも男性の書き手が、哲学や政治や社会についてでなく「男性」をテーマにして書いたとしたら、どういうことになるのか読んでみたい気もするよね。でも、いろんな否認が行き届いてるから、今読めるものとあまり変わらないかもしれないですね。
 それはさておき、振り返ってみて、『女性号』は自分にとっても大きな仕事になりました。ただ、先日『銃後史ノート』という戦後と女性がどのように関わっていったかを何十年にも亘って記録したミニコミを読んで、あまりにも素晴らしくてその存在も知らずに女性号を作っていたことに愕然として、思わず、もう一回作らせて下さいと言いかけました。やりませんけど(笑)。だからもちろんわたしもまだまだ知らないことだらけで、みんなが知っていること知らないことをそれぞれシェアしながら、いろんな特集をどんどん作っていけばいいと思うんです。気づいたらそのときに、何度でも、やればいいんですよ。

2018年2月28日更新

  • はてなブックマーク

特集記事一覧

カテゴリー

川上 未映子(かわかみ みえこ)

川上 未映子

1976年8月29日、大阪府生まれ。2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。『早稲田文学増刊 女性号』では責任編集を務めた。最新刊は短編集『ウィステリアと三人の女たち』。

穂村 弘(ほむら ひろし)

穂村 弘

1962年5月21日北海道生まれ。歌人。1990年に歌集『シンジケート』でデビュー。短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本翻訳など広い分野で活躍。2008年に『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞を、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『整形前夜』『現実入門』『本当はちがうんだ日記』『きっとあの人は眠っているんだよ』『これから泳ぎに行きませんか』『図書館の外は嵐』など。歌集に『ラインマーカーズ』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『水中翼船炎上中』など。

関連書籍

こちらあみ子

川上未映子 ,穂村弘

たましいのふたりごと (単行本)

筑摩書房

1430.0

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入