生き抜くための”聞く技術”

第4回 聞く耳をもたない大統領の誕生

ウソのニュースが拡散されている!?

 

 アメリカではもっと大変なことになっている。

 みんなもテレビで何度も見たことがあるだろう。

 トランプ大統領だ。

 就任したあと最初に開いた記者会見がまさに象徴的だった。トランプ大統領は自分に好意的な質問にはちゃんと答える一方で、批判的な質問は聞こうともせず、「フェイク(偽)ニュース」だと罵倒したのだ。

 めちゃくちゃなのは大統領選のときからだった。

 ぼくも現地で取材したんだけど、トランプ大統領の発する差別用語を支持者たちが喝采するのも驚きならば、明らかにウソのニュースが飛び交うさまも、にわかには信じられない光景だった。

 たとえば「ローマ法王がトランプ候補を支持」というウソのニュースが100万回以上シェアされたり、「反トランプのデモ参加者が3500ドルをクリントン陣営から受け取っていた」という、こっちもウソのニュースなんだけど42万回以上シェアされたりした。

 これらはほんの一部だ。そしてそのほとんどはクリントン候補に不利に、トランプ候補に有利に働くものだった。

 こんな数字もある。

 ウソのニュースと、主要メディアが流すニュース。

 どちらがシェアされた数が多かったと思うだろうか。当初は主要メディアのほうが多かったんだけど、投票日の前の3か月間はなんとウソのニュースのシェア数が上回った。逆転する現象が起きたんだ。

 これはネットメディアの「バズフィード」が調べたんだけど、いかにウソのニュースが人々の目に触れたかわかるよね。もちろん、これが選挙の結果にどれだけ影響したのはわからない。でもこんなことは、これまでの大統領選ではなかったことなんだ。

 大統領就任式でも、これまで聞いたことのないことが起きた。

 ぼくも就任式を自分の目でみたけれど、拍子抜けするほど参加者が少ないと感じた。前のオバマ大統領のときは身動き取れないほどの混みようだったと聞いていたから、余計にそう思ったのだろう。それでも白人ばかりの会場は、自由に動き回れるほどだった。

 翌日、メディアが就任式に集まったのは25万人と報じた。ぼくはそれを聞いてやっぱりと思ったものだ。オバマ大統領の1期目のときが180万人だったから、その差は歴然だ。 

 ところがトランプ大統領はメディアがまたウソのュースを流していると怒りをあらわにし、スパイサー大統領報道官にいたっては「歴代大統領の就任式で、人出が最も多かった」と発表したんだ。

 もしみんながそれを聞いたらどう思うだろう。だって大統領の報道官が言ってるんだぜ、正しいに決まってるだろうと考える人もいるかもしれないし、自分たちの政府がこんなつまらないところで、ウソをつくはずはないじゃないかと思う人もいるだろう。ぼくは就任式を現地で見ているから体感として判断できるけれど、テレビで観ている人は報道官の言葉をどう聞けばいいのか、迷ってしまうかもしれない。もしメディアに不信感を抱いていたとしたら、なおさらだ。

 

なぜ人はウソを信じるのか

 翌日には、さらに驚かされることが起きた。

 大統領顧問であるケリーアン・コンウェイという女性が、テレビのインタビューを受ける。キャスターが就任式の人出が過去最多というのはウソではないかと質問したところ、彼女はこう答えたのだ。

「ウソではありません。オルタナティブ・ファクト(もうひとつの事実)です」

 ぼくはそれを聞いたとき、おもわず笑ってしまった。

 もうひとつの事実ってなんだろう。しかもウソじゃない? 百歩譲って、過去最多の人出だったと思いたい気持ちはわからないでもない。でも自分たちの願望を「もうひとつの事実」として発表していいはずはない。

 さらにこんなことも起きた。

 大統領になって1か月ほどたったある朝、トランプ氏があるツイートをした。

 そこにはこう書かれていた。

「大統領選の前にニューヨークのトランプタワーをオバマ大統領に盗聴された。オバマゲート(疑惑)だ」

 当時、大統領だったオバマ氏が自分を盗聴していたと訴えたのだ。

 何を根拠にそんなことをいきなり言い出したのか、さっぱりわからなかった。というより根拠をまったく示していない。しかも捜査機関は「盗聴の事実はない」と大統領の主張を否定したことから、メディアはトランプ大統領がウソをついていると批判した。

 ところがだ。

トランプ大統領とメディアどちらが真実を語っているか、という世論調査ではこんな数字が出たのだ。

 トランプ37% 

 メディア52%

 この数字をどう見ればいいと思うだろうか?

 そりゃあ、メディアのほうが多いよな、と思うだろうか。

 ぼくにとっては、トランプ大統領の主張を信じている人が37%いることのほうが驚きであり、ショックだった。

 いつものようにウソをついているのは明らかなのに、37%も信じているんだと。

 じゃあ、37%の人はトランプ氏の言葉をどう聞いたのだろう。

 なぜウソを信じているのだろう。

 そこには「聞く」ということについての、大事な何かが隠されているように思う。

 次回はそこから考えてみることしよう。

 

 

 

 

関連書籍