絶叫委員会

【第151回】語呂合わせ

PR誌「ちくま」5月号より穂村弘さんの連載を掲載します。

 語呂合わせには不思議な力がある。伊東という地名を耳にするだけで反射的に「ハトヤ」と思ってしまうのは、子どもの頃に見たコマーシャルのせいだ。

 伊東にゆくならハトヤ
 でんわはヨイフロ
 伊東でいちばんハトヤ
 でんわはヨイフロ
 4126 4126
 はっきりきめた 
 ハトヤにきめた
 伊東にゆくならハトヤ
 ハトヤにきめた

 当然のように「ハトヤ」の名前が繰り返されるのだが、それだけならきっと忘れてしまっただろう。「はっきりきめた」「ハトヤにきめた」という頭韻も心地好いけれど、最大のポイントは「でんわはヨイフロ」というフレーズだと思う。「4126」の語呂合わせである。子ども心にも強烈だった。改めて考えてみると、ハトヤだから「8108」みたいになる可能性もあったのかもしれない。でも、それよりもやはり「4126」の方がいい。ハトヤだから「8108」の当然よりも、ハトヤの風呂は「4126」というアピールに惹かれる。「伊東でいちばん」の具体的理由を語らず、語呂合わせの一点で勝負してくる大胆さ。今、インターネットで検索してみたところ、このコマーシャルの作詞は若き日の野坂昭如らしい。
 そうすると、例えば八百屋の電話番号は「8083」(ヤオヤサン)よりも「0831」(オヤサイ)とか「8931」(ハクサイ)とかの方がいい気がしてくる。「ハトヤ」の「4126」と同じく、そのまんまじゃないほうが可愛いの理論である。と云いつつ、そのものズバリが恰好いいケースもある。あれはいつだったか、友人の名久井さんの車を初めて見た時、おおっと思った。ナンバーが「791」だったのだ。いいなあ。でも、これは選ばれた人にしか許されない贅沢だ。真似したくても、穂村では数字に置き換えることができない。一方、名久井さんは直子さんだから「791705」でフルネームもいけるのだ。
 最近の教科書では、鎌倉幕府開闢(かい びやく)が1192年ではないらしい。或る若者がその事実を伝えた時、同席していた我々中高年の間に動揺が広がった。

 A「嘘。じゃあ、あれはどうなっちゃうの」
 B「そうそう」
 若「なんですか」
 C「『いい国作ろう鎌倉幕府』よ」
 若「ああ、その語呂合わせは今は成立しませんね」
 C「今のだと、どうなるの」
 若「多くの教科書では1185年なので、いい箱……」
 A「『いい箱作ろう鎌倉幕府』⁉」
 B「駄目だよ、そんなの!」
 C「箱って何よ!」
 若「何って云われても……」

 歴史的な正しさよりも、美しい語呂合わせが崩れてしまうことがけしからん、と云わんばかりの空気であった。
​(

関連書籍

こちらあみ子

直子, 東 ,弘, 穂村

しびれる短歌 (ちくまプリマー新書)

筑摩書房

924.0

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入
こちらあみ子

穂村 弘

絶叫委員会 (ちくま文庫)

筑摩書房

88.0

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入
こちらあみ子

川上未映子 ,穂村弘

たましいのふたりごと (単行本)

筑摩書房

586.0

  • amazonで購入
  • hontoで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • 紀伊国屋書店で購入
  • セブンネットショッピングで購入